CHECK

WEB制作はスマートフォンのアプリだけでも可能

WEB制作はスマートフォンのアプリだけでも可能

WEB制作はパソコンで行わなければならないと思ってしまいがちですが、現在ではスマートフォンのアプリだけでも可能な時代となりました。
簡易的なものであればテンプレートを利用すればあらかじめデザインの大枠は完成しており、後はタイトルや記事、掲載する写真を選択するだけで立派なウェブサイトが完成します。
もちろん、HTMLの文法を理解しているならエディターで記述することも可能です。
スマートフォンを利用するメリットはスマートフォン向けのWEB制作を行う時で、どのように表示されるのか瞬時に分かりレイアウトの検討ができるところです。
逆にパソコンでアクセスすればどのように表示されるのか気になるところですが、PCモードに切り替えれば表示の仕方を確認できます。
無料のものでもかなりのWEB制作が可能ですが、有料のものであればより高度なテンプレートが提供されていたり、細かな設定が可能になるなど便利な機能が満載です。
既にスマートフォンを所持しているなら、追加コストを最小限にしてWEB制作環境を構築することが可能です。

WEB制作の初期費用はいくらくらいかかる?

WEBサイトを持ちたいと思った時に問題になってくるのが費用です。
ページの構成やデザインによっても異なりますが、WEB制作自体には数万円から数十万円、サーバー側にプログラムを置くような複雑なサイトになってくると、百万円を超えるようなものも珍しくありません。
WEB制作をする前に、どのようなページにしたいのかしっかりと考え、ページ構成を考えておくことが費用の軽減につながります。
また、ページを作っただけでは完成ではありません。
作ったページをサーバーにアップしてみることができるような状態になくてはならないからです。
無料のサーバーを使うこともできますが、自分のドメインを取得してレンタルサーバーを借りる場合は、年に1万円から10万円程度の費用が必要です。
WEB制作の初期費用はデザイン料だけで済む場合もありますが、長期的に運用するとなるとラーニングコストが発生することも忘れてはなりません。
レンタルサーバーの値段は機能によって大きく異なりますので、適したサービスを選ぶようにしましょう。

WEB制作に関する情報サイト
WEB制作の情報サイト

WEB制作について知ることで、インターネット上のデジタル情報と実際のマーケティングをミックスさせることが出来ます。現在はこの概念はDX化と呼ばれており、各業界で推進が進められている状況です。 詳しくなくてもサーバーにソフトをインストールさせてブログ感覚で更新できるシステムや、ASPと呼ばれるクラウドソフトでビジネスチャンスを展開することも出来ます。スタート時は製作会社に外注して、更新は自社で行えるようにすればスタートも簡単です。

Search